ダイエット豆知識

ダイエット豆知識

食事制限ダイエットは体重が落ちるだけでリバウンド間違いなし…やはり運動をして健康的に痩せるのが長期的にダイエットに成功する秘訣です。 ダイエット運動に限ったことではありませんが、運動には「無酸素運動」と「有酸素運動」の2種類があり、前者は筋細胞内に貯えられたグリコーゲンをエネルギー源にしており、後者は呼吸で取り込んだ酸素をエネルギー源にしています。 一般的には、筋トレなど筋肉を集中的に動かす運動が無酸素運動、ランニングなど全身を持久的に動かす運動が有酸素運動と区分されています。もちろんダイエットや運動もいいですが、たまにはオンラインカジノで息抜きをしてみませんか?

sports

筋トレだから100%無酸素運動、ランニングだから100%有酸素運動というわけでなく、あくまでも運動における両者の比率によって区分しているだけで、筋トレでも有酸素運動が、ランニングでも無酸素運動がおこります。 そして、どちらの運動もカロリー消費が発生しますが、そのメカニズムは若干異なります。 無酸素運動ではグリコーゲンが消費されるため、その再生産に脂肪燃焼が発生し、有酸素運動では酸素によりに脂肪燃焼が発生します。なお、どちらの運動がダイエットに効果的かはケースバイケースですが、無酸素運動のほうが非運動時にもカロリー消費(筋肉の修復)が発生するため、ダイエットにむいているとする説のほうが有力です。

しかし、効率的なダイエットを考えた場合、無酸素運動か有酸素運動かを選択するのではなく、両者を合わせて行うのが最も効率的です。具体的には一日おきに無酸素運動の日と有酸素運動の日を設けるとよいでしょう。ダイエット目的の運動として、よく筋トレと比較されるのが有酸素運動ですが、どちらのカロリー消費が激しいのでしょう。 実は、筋トレと有酸素運動の単位時間あたりで消費される運動エネルギーは、ほぼ等しいと言われています。予想外に筋トレの運動消費カロリーが高いのは、筋トレは無酸素運動で、筋肉や肝臓に蓄えられたグリコーゲンを直接消費するからなのです。

さらに、有酸素運動は運動が終わればカロリー消費は発生しませんが、筋トレの場合は筋組織が破壊されるため、その修復(筋肉痛からの超回復)にかなり大きな代謝エネルギーが使われます。そして、それは超回復するまでの数日間続くため、運動をしていなくてもカロリー消費が高い状態が続きます。 このため、ダイエットにおいては筋トレの方が有酸素運動よりも有効と考えられています。また、副次効果として、筋トレを続けると筋密度が向上し、基礎代謝の高い「太りにくく痩せやすい体質」になりますダイエット目的の運動として、よく筋トレと比較されるのが有酸素運動ですが、どちらのカロリー消費が激しいのか知る必要があります。 ダイエット運動におけるカロリー消費には2種類があり、それは運動消費カロリーと代謝消費カロリーです。前者は運動をすることにより直接カロリーを消費することで、後者は運動によって生じた筋肉痛などの回復・新陳代謝に使われるカロリーです。 どのような運動をしてもある程度の筋繊維の破壊とそれにともなう回復・代謝カロリーは発生しますが、筋トレなどの無酸素運動のほうが有利に働きます。さあ!オンラインカジノで脳を使ってやせましょう!